退職をする瞬間っていつですか?決心できない場合は

与えられる役割増えていくのが、即戦力である医師である証拠です。

責任のある作業が自信をもってやり切れるようになることで、どんどん決断力が必要な役割も付け加えられます。

それに連れ立ってストレスも増加してくる為、違う職場へ移動する時期について考えあぐね始めるのだと思われます。

即戦力として仕事場での実績を積み上げると、看護職員としては経験値が高いだろうととらえられる傾向があり、ユニットにおいての主任のポジションを一任されてしまうんです。

その結果、後輩に向けてのヘルプばかりでなく、ユニットとしてうまく看護ケア編成などを定めないと問題が発生しますね。

そのような流れがプレッシャーとなってしまい、辞職に関して悩み始めるタイミングになりえるのでしょう。

頼られる医師のリーダーにキャリアアップするにあたって、適切な時などを考慮して新しい職場で働くことをきっかけとして、トップとしての就労形態や、牽引の方法等を頭に入れやすい病院などもあるでしょう。

他の働き口において、手際よくメンバー全員を引っ張っていく事を勉強できれば、一歩前進につながるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です